背中ニキビの治し方

ニキビ跡が残った時は?

背中ニキビのお手入れのポイントは、背中の毛穴や皮膚を傷めないように優しく扱うということです。

 

ニキビの症状が進行して赤くなってくると、ニキビ跡が残ってしまいます。
赤ニキビによって起こる炎症反応は、毛穴にとどまらず皮膚の深い層にまで至って皮膚組織を破壊してしまうことが多いです。
なので、ニキビそのものが治ったとしても、皮膚に凸凹になったり、色素沈着が起こってシミになってしまうのです。

 

背中に残ってしまったニキビ跡は、皮膚が再生を繰り返すことによっていくらかは分からなくなります。
しかし、症状が重かった場合や一か所に集中してニキビが出来ていた場合には、跡が消えることがないでしょう。
消えなくなったニキビ跡には、皮膚科など専門機関での治療をお勧めします。
コラーゲンやヒアルロン酸を注入して皮膚の新陳代謝を活発にすることで、ニキビ跡をほとんど目立たなくすることが可能です。

 

その他にも、皮膚を再生させる力を利用して治す美容法のケミカルピーリングも、かなりの効果があります。
ケミカルピーリング治療というのは、美容を専門とした機関だけでなく皮膚科でも行っていることろがあります。
ただし、保険が適用されないため、料金や治療回数などに関してもよく確かめておきましょう。

 

これら以外でも、貴方の体質、肌タイプに合わせて行ういくつかの治療法があります。
ニキビ跡があることをクヨクヨと悩まないで、とりあえず相談してみましょう。
間違っても、ご自分で治そうとすればかえってひどくなることがありますので、必ず医者による診断を受けましょう。