背中ニキビの治し方

背中に発生したニキビが赤ニキビという段階に進むと、脾胃湿熱型にきびの症状が出ることもあります。
脾胃湿熱型ニキビというのは、痒くなったり、赤み、熱、ほてりなどや、あるいは痛みが出るケースもあります。

 

また、ニキビが背中の一か所に集中して出来てしまうと、ケロイド状になってしまう集簇性ざ瘡(しゅうぞくせいざそう)と呼ばれるものになることがあるみたいです。
集簇性ざ瘡がひどくなって膿んでしまうまでになると、肌の表面のみではなく、深層部にも症状が進んでしまいます。
こうなると、ニキビ跡が残る可能性が高くなって、最悪の場合では大きな傷跡ができてしまいます。

 

背中に出来てしまったニキビに対して自分でケアできるのは、白ニキビ、黒ニキビという初期の症状の時だけと言われています。
赤ニキビまでになってしまった時には、できる限り早めに皮膚科を受診しましょう。
皮膚科で診てもらうと、ニキビの種類や状態、患者の肌質や体質を調べて今後どのような治療をするのが良いか見極めてくれます。

 

主だった治療方法は、毛穴の詰まりを解消させる薬を塗ったり、抗菌薬を処方したり、その他には面ぽう圧出などを行ったりします。
医療機関で施してくれる面ぽう圧出という治療法は、レーザーや専用の器具を使ってニキビの芯または膿を毛穴から取り除く方法です。

 

これ以外では、保険は使えないので全額自費となりますが、ケミカルピーリングなどの治療も行なえます。

 

そして、ニキビ跡が出来てしまった際には、美容クリニックでの治療も考えてみるとよいでしょう。
ニキビ跡を治す方法としては、その周辺にコラーゲンやヒアルロン酸を注入するだけの方法なら、割とリーズナブルな料金でしてもらえます。

 

その他にも、特殊なレーザーを当てることで肌を再生させて美しく蘇らせるフォトフェイシャルなどの、新たなレーザー治療も増えてきています。
背中ニキビが悪くなった時には、自分だけで悩み込まずにお医者さんに診てもらうようにしましょう。