背中ニキビの治し方

ニキビをつくらない背中の洗い方は?

正しい洗顔をするということが美肌になるため基本と言われているように、背中ニキビのケアについても背中の皮膚を清潔にしておくことが重要となります。

 

そうは言っても、頻繁に洗ったり、ゴシゴシと強くこすったりするのはよくありません。
皮膚が乾燥したり刺激を与えないための予防には、たっぷりの泡を使って毛穴の汚れを封じ込めるようにして洗うのが正しい洗い方です。

 

ウォッシュタオルだったら、生地がシルクかコットンで出来ているものを使うようにしましょう。
ボディブラシを使うなら、ヘチマや海綿というような自然派なものでスポンジタイプのものを選ぶとよいでしょう。

 

ボディソープに関しては、背中ニキビ用に売られているボディウォッシュなどを使用しましょう。
普通のボディソープと比べて、消毒効果や殺菌効果の高い成分が配合されているので、効果的です。
洗浄成分を自然素材に拘って作られている商品や、温泉成分が入っているものも販売されています。

 

背中ニキビが発生する原因の一つにあげられる、シャンプーまたはトリートメントなどの洗髪剤のすすぎ残しを防ぐというのも忘れてはいけません。
入浴する時には、髪を洗った後に体を洗うようにするのがいいでしょう。
背中ニキビのために開発された入浴剤も多くの種類が売られていますので、使う方が背中ニキビを改善するためにいいでしょう。
入浴剤を使う時には、髪を洗った後に背中を十分に流してから浴槽に浸かる習慣を付けましょう。
ロングヘアの方は、ヘッドバンドやタオルを上手く使って髪をまとめ、髪の毛が背中に当たらないように気を付けましょう。

 

バスタオルまたは湯上がりに着るガウンも他のものと一緒で、ガーゼ素材などの柔らかい肌触りのものが適しています。
背中を拭く時は肌を軽く押さえるようにして拭けば、ニキビが出来た毛穴やその周りの肌を傷つけるのを防止できます。
お風呂から出た後は顔にするケアと同じ様に、背中にもたっぷりの潤いを与えるようにしましょう。